【知らないと大損】ブライダルフェアで出された見積もりを値切る方法

【知らないと大損】ブライダルフェアで出された見積もりを値切る方法

 

ブライダルフェアの相談会で見積もりをもらったけど、高いんだか安いんだかイマイチよくわからないって人も多いはず。
普段、高い買い物をしない私はゼロの数にビックリしました。
「もっと安くならないの~」と思っても、どこをどう値切ればいいのかもわからないし。

 

もっと調べておけばよかった~と後悔したので、これからブライダルフェアへ行かれる方のために見積もりをもらった後の値段交渉術を伝授します。

 

最初の見積もりは最低金額

 

「え?こんなにかかるの?!」と感じる見積もりですが、実はその後にもっと高くなるケースがほとんど。
というのも、ブライダルフェアでもらう見積もりは、必要最低限の標準プランが適用されたもの。
その後の打ち合わせで、オプションを追加していくので、だんだん高くなっていくのです。

 

オプションとは例えば

  • お色直し後のカラードレス
  • 子供用の料理
  • キャンドルサービスなどの演出
  • 各卓での写真撮影
など

 

挙式も披露宴も超シンプルにいくならともかく、これぐらいは追加したいって人が多いのでは。

 

2回目以降の見積もりは上がるものだとしたら、初回見積もりはなるべく低く抑えたいもの。
でも大事な部分を削ってしょぼくなるのはイヤ。
どこをどう削ればいいのでしょう?

 

【知らないと大損】ブライダルフェアで出された見積もりを値切る方法

 

見積書の項目と値切り・節約ポイント

 

見積り項目と値切りやすいポイントや節約ポイントをまとめました。

 

一部を外注するかどうかによって値段が変わるので、外注できる項目に★印をつけています。
※外注できる項目は会場によって異なるのでプランナーさんにご確認くださいね。

 

項目

項目の意味

節約・値切りポイント

挙式料

挙式を行うための料金。
挙式スタイルによって異なる。

挙式料はチャペル式¥27,0000、宴内人前式¥7,5600と全然違うことも。チャペルにこだわらなければお得なのは人前式。フラワーシャワーやバルーンリリースはプラン内に含まれる場合と別料金の場合があるので要確認。
料理 披露宴で出される料理代。特別料理や子供料理などを依頼すると追加料金がかかる場合も。 ケチってはいけないとされ項目。節約するなら、オードブルの数を減らす、アミューズ(オードブル前に出てくる前菜)を削るなどのボリューム調整。
飲み物

パーティで出されるドリンク代。
種類を増やすと値段が上がる。
ウェルカムドリンクは通常別料金。

基本プランの内容でよければ最低価格のものでOK
衣裳★ 新郎新婦の衣裳代。プランによって含まれる衣裳小物(ヴェール、ティアラ、グローブ、ドレス用下着など)が異なるので確認を。 プランを利用したり特典を使用すると安くなる。カラードレス1着無料などの特典がある会場も。小物類はネットで安く購入できないかリサーチを。持ち込み可。
会場使用料 披露宴会場を借りる料金。控室料、ゲスト用更衣室、ガーデン使用料、新郎新婦用駐車場は別料金の場合も。 会場側はコストがかからないので、交渉次第で無料にしてもらいやすい。
ウエディングケーキ★ 入刀用のイミテーションケーキと生ケーキがあるけれど、今は生ケーキが人気。生ケーキはひとり1000円前後が相場 会場が用意するものなので、プラン利用や特典で半額ぐらいまで下がることも。持ち込み可。
音響・照明 BGMや照明料。自分で曲を選んでも音響使用料がかかる場合がほとんど。  
司会料★ 披露宴で司会を務めてくれる人への謝礼 友人や親せきに頼めそうな人がいればこの項目はカットできる。
演出 キャンドルサービス、ムービー演出などの費用 やりたいかどうかは希望次第。プランに演出1つ無料サービスなどがあることも。お金のかからない演出を取り入れると節約に。
会場装飾・装花★ 会場やテーブルを飾る花などの料金。プランにふくまれているものはボリュームが少ない場合があるのでどのぐらいの装飾か確認を。ブライダルフェアの時の装飾がどのランクか聞いておくと参考になる。 同じ値段でグレードアップなどの特典を利用できることも。節約するなら、写真に残る高砂席、ケーキまわり、両親贈呈用花束は豪華に。受付や控室の装花はナシにするなどメリハリをつけてコストカット。
ブーケ、ブートニア★ 新婦のブーケ、新郎のブートニアなど装花代に含まれていることが多い。 プラン特典に含まれることも。お色直し後のブーケを使いまわせば節約に。外注や手作りも可。
ペーパーアイテム★ 招待状、あて名書き、メニュー表、席次表、席札などのアイテム。会場のものを使うか、自分で外注に頼むか、手作りするかで変わる。あて名書きを頼むと筆耕料もかかる。 ゼクシィなどに載っている通販会社で注文したり手作りすれば安くなるものの、手間を考えるとトントン
引き出物・引き菓子★ ゲストに贈るギフト代。紙袋代は通常別料金。 外部に頼むと持ち込み料に保管料がかかることも。
写真★ 写真の撮影、プリント代。カット数によって値段がけっこう変わる。 節約するならカット数を減らす、焼き増しはJPGデータをもらって自分でやるなど。外注も可。
スライド、エンドロールなど★ 披露宴中に流れるプロフィールビデオや、ゲストが帰る前に流れるエンドロールなどの料金。 外注なので値切りにくい。手間はかかるけれどスライド作成ソフトを買って自作すれば安くつく。
ビデオ★ ビデオの撮影代。編集代は別料金の場合もあるので要確認。 外注すればコストダウンに。
美容着付け★ メイクやヘアメイク、着付け、当日、花嫁のお世話をしてくれる人への謝礼である介添料など。 メイク・ヘアメイクは自分でやったり美容師の友人に頼むことも。介添えは花嫁につきっきりになるので会場に頼んだ方が無難。
持ち込み料 ★の項目を外部から持ち込んだ場合にかかる費用 最も値引き交渉しやすい項目。値引いたところで会場が損をするわけではないので。何をタダにしてもらうか、しっかり交渉して。
税金・サービス料

費用にかかる消費税やサービス料。
会場によって異なる。

 

 

値切るタイミングは契約前!

 

大前提として、価格交渉ができるのは契約前のみ。
契約・仮契約すると、出された見積もりに納得したことになるので、その後の価格交渉は難しくなります。
見積書は通常、最初の基本的なものに希望を加え、削れるところは削るなど検討を加えて完成します。
費用を抑えたいと考えているなら、じっくり検討、交渉してから契約を結びましょう。

 

【節約したいカップル必見!】結婚式の値切り交渉術

 

「安くして」とは言わない。

おめでたい結婚式の安売りをお願いするのは、会場に自信を持っているプランナーさんに悪印象。
予算と希望を伝えて、目標金額に近づけたいと話すと、どの部分を安くできるか相談に乗ってもらいやすい。

 

ライバル会場と迷っていることを伝える

プランナーも具体的な他会場名が上がる方が、自社の強みをアピールするなど提案がしやすいはず。

 

値段が下がればここで契約する意志を見せる

例えば見積額が270万円なら250万円にしてほしいなど、具体的に伝えると交渉がスムーズ。

 

何かと出費がかさむ結婚準備、
ポイントを抑えて賢く節約しましょう。

 

ブライダルフェア,デート,見積もり,値切る

ブライダルフェア検索サイトを比較チェック!