【要注意!】ブライダルフェアってしつこく営業されたときの対処法

【要注意!】ブライダルフェアってしつこく営業されるの?

 

勧誘がすごいってネットでよく目にするので私も不安でした。

 

でも、実際回った会場はそんなことありませんでしたよ。
友達からそういう目にあったって話も聞かないし。
ごく一部の会場の話なのかもしれませんね。

 

とはいえ、押しに弱い人には気になる話。

 

ただ、ガッツリ営業されるのは当然と言えば当然なんです。
ブライダルフェアはカップルのためのイベントですが、会場にとっては契約者を獲得する集客の場。
訪問したカップルに契約してもらえるよう熱心に営業をしかけてくるもの。
そういうものだと心してかかれば、そんなに不安になる必要はありません。

 

押しに負けて納得いかない契約をしないよう

冷静な目で会場を判断しましょう。

 


【要注意!】ブライダルフェアってしつこく営業されるの?

 

即日契約・仮契約を迫られても焦らないで!

 

ブライダルフェア,デート,営業

 

「今、契約すれば〇〇円引きにします」
「今、契約しないと予約が埋まります」


 

こういう勧誘は最もメジャーな営業法。

 

即日の契約は確かにお得な場合もありますし、人気の日取りはすぐに埋まってしまう場合もあります。
ただ、このような営業トークはカップルを焦らせて、契約をしてもらおうことが第一の目的。

 

一旦、契約や仮契約をしてしまうと、その後の値引き交渉や日程変更ができなくなるうえ、キャンセル料まで発生してしまいます。

 

ブライダルフェアを回り始めた直後はまだ冷静な判断ができない時期。
焦って1軒目で契約して後で後悔するなんてことがないように注意しましょう。

 

ちなみに結婚式を実施するカップルが一番多い時期は11月。
次いで10月、5月、9月、6月と続きます。
「ジューンブライドは人気なので急ぎましょう」なんて言われてもそんなに焦る必要はないかもしれません。

 

データ出典:結婚トレンド調査2014「挙式を実施した月」(2013年4月~2014年3月の間に結婚式をした首都圏のカップルを対象にした調査)

 

営業の上手な断り方は?

 

断るのが苦手な人は、丁寧に説明されたら契約してしまうのでは、と不安に思うかもしれません。

 

ですが、話を聞いたからといって、必ず契約しなくてはいけないわけではないのでご安心を。

  • 納得いかない部分がある
  • まだ見て回りたい会場がある
  • 見積もりが高くて予算オーバー
  • ウエディングプランナーとの相性がイマイチ

など、気になる部分がある場合は、
納得できる会場に出合えるまでブライダルフェア巡りを続ればいいんです。

 

見積もりが高すぎる場合はコチラの予算を伝えてみましょう。
お得な特典やリーズナブルプランを提案してくれるなど、相談に乗ってくれることもあります。

 

私達の場合は希望の会場がけっこう高めだったので、削れる部分を削ってなんとか予算内におさめてもらいました。

 

また
ウエディングプランナーさんとの相性も大切!

 

私達の場合、一軒目のプランナーさんはイマイチでしたが、契約した会場ではブライダルフェアで担当した人も契約後に担当になってくれた人も感じのいい人でした。

 

もしこれが相性の合わない人だったら悩んだと思います。
結婚式当日までは長いし、トラブルが起きることもあるので、気軽に相談できて頼りになりそうな方に担当してほしいものです。

 

ちなみに、ブライダルフェアでの担当と契約後の担当が変わる場合も多いので担当者が同じなのか変わるのかは確認しておいた方がいいですよ。

 

なお、

上手な断り方としては

 

「まだ見て回りたい会場があるので全てを見てから比較検討して決めたいと思います」


がスマートではないでしょうか。

 

次に回る会場がどこかは必ず聞かれますが、さすがに「行くな」とまでは言われないので。

 

営業の押しの強さは会場によっても担当者によっても違います。
ゼクシィnetなどで先輩たちの口コミを読んでおけば、その会場の営業手法がわかって参考になりますよ。

 

ブライダルフェア,デート,営業

ゼクシィnetで会場の口コミをチェック