ブライダルフェアへ行くと特典があるってホント?

【知らなきゃ損!】ブライダルフェアの特典って?

 

「特典」「お得」って言葉に弱い関西人の私としては、ブライダルフェア特典は見逃せません。

 

関西に限らずブライダルフェアに特典はつきもの。
というのも、会場としてはフェアの来場者は上質な見込み客。
一組でも多くのカップルに来てもらえるよう魅力的な特典をたくさん用意しているのです。
中にはかなりお得な特典もあるので、目的に合わせて賢く利用しましょう。

ブライダルフェア特典とは

 

大きく分けてふたつあります。

  1. 成約・仮契約特典
  2. 来場者特典

 

成約・仮契約特典

「成約・仮契約特典」はブライダルフェア当日に成約したり仮契約するともらえる特典。
具体例としては

  • 1泊10万円以上もするスイートルームのペア宿泊券
  • 列席者の宿泊割引
  • 1年後のアニバーサリーディナーペア無料券
  • ウエディングケーキ、会場費、ウェルカムドリンクなどが無料に
  • ウエディングドレス割引、2着目のドレスが無料に
  • 装花の割引や無料グレードアップ
  • ペーパーアイテム、写真、ビデオ、引き出物の割引
  • 前撮り写真が無料に
  • エステサロン優待チケット(数万円相当)プレゼント
  • 両家顔合わせ会食プレゼント

など豪華なものが並びます。
賢く特典を利用すれば50~100万円ほどの節約になることも。
出費がかさむ結婚式でこの割引はうれしいですよね。

 

来場者特典

「来場者特典」はブライダルフェアに参加すれば、契約を結ばなくてももらえる特典。
具体例としては

  • オリジナルスイーツ試食
  • 婚礼料理の無料試食
  • 無料ドレス試着&撮影
  • 温泉チケットプレゼント
  • 会場オリジナルグッズプレゼント
  • オリジナル焼き菓子プレゼント
  • 最寄駅からのタクシー料金プレゼント
  • QUOカードプレゼント

など

 

温泉チケットやQUOカードなど、後日使えるものなど趣向を凝らしたプレゼントが並びます。
特典だけにつられて参加するのはどうかと思いますが、乗り気ではない彼を誘い出すきっかけには使えます。

 

私もとにかく「肉」を食べられるフェアを選んで、彼のモチベーションを上げました。

 

また、12に加えて、早割特典を設けている会場も。

 

どれぐらい先の挙式かは会場にもよりますが、半年~1年以上先が目安です。
先の予定を立てられるなら早割を利用するといいでしょう。

 

ブライダルフェア特典利用の注意点

 

少しでも節約したいカップルには魅力のブライダルフェア特典。
ただし利用するには注意点もあります。

 

1軒目に来館した会場で特典につられて成約しない

ブライダルフェアの後はテンションがあがるもの。
特に初めて参加したフェアは全てが新鮮で魅力的に感じます。
そんな時、プランナーから
「今日中に成約すればこれだけの特典がつきます」
と言われると、焦って契約や仮契約をしてしまいがち。
一旦、契約を結んでしまうとキャンセル料が発生したり、その時に払った前金は戻ってこないケースが多数。
その会場が第一希望で契約内容に満足ならかまいませんが、そうでない場合は特典につられないよう冷静さを保って。

 

「他にも検討したい会場があります」
とはっきり伝えましょう。

 

特典をたくさん受けたいなら交渉は契約前に

特典があるなら最大限に利用したいもの。
ただし特典・値引き交渉をするなら契約前に行いましょう。
一旦、契約を結ぶと見積もりに納得したことになります。
主導権も会場側に移ってしまうので、その後の特典や割引適用が難しいでしょう。
逆にオプションの追加追加で、あれよあれよと見積もり額はあがる一方。
交渉できるのは契約前ということを心に留めてブライダルフェアへ挑みましょう。

 

ブライダルフェア特典はゼクシィやゼクシィnetなどに掲載されているので予約前にチェックしておくのがオススメです。

 

特典情報が満載!

ブライダルフェア,デート,特典

ゼクシィ公式サイトを見てみる